Icon48

アーユルヴェーダとわたしの出会い

私がアーユルヴェーダ師になったのは、2014年49歳のことです。

私は天職に出会いました。


健康のお手伝いをするアーユルヴェーダ


アーユルヴェーダ療法を始めたきっかけは、

店主ティラック ピーリスが『変形性膝関節症』にかかったからです。

日本では、

・人工関節を入れるしか治す方法はない。

・重いものは持つと悪化する。

・年齢が若いので、まだ、手術もできない。

と言われ、途方に暮れていました。

そこで、スリランカの家族に相談したところ、

「スリランカでだったら、治せるよ‼️」

「スリランカで治したら。」

と言われ、家族を残して単身スリランカへ渡ることにしました。

この時、空港内などの移動は、車椅子でした。

母国、スリランカに戻り、

アーユルヴェーダでの闘病生活が始まりました。


元々、私は、10代で「リウマチ」を患い、アーユルヴェーダで完治させたことがあります。

関節全てが腫れて動かなくなり、痛くて、何もできない自分が嫌になった時期もありました。

そんな、母はアーユルヴェーダホスピタルに連れて行ってくれました。

通常、2〜3ヶ月から半年待ちのアーユルヴェーダホスピタルだったのですが、私の病状を見て、そして、たまたま、空きが出てくれた「奇跡」で、すぐに入院し、治療を受けることができました。


生きる希望を失っていた私には、そのアーユルヴェーダホスピタルに在住していたお坊さんとの出会いがありました。


お坊さんは、若い私を見て、気にかけてくれ、話しかけてくれました。

お坊さんは、生きる希望を失っている私を見て、こんな話をしてくださいました。

「宝くじの1等に当たるってすごいことだろう。」

「その宝くじに50回も続けて当たるとしたら、どう思う?」

「とても凄くて、ラッキーなことだと思わないかい?」

「そして、そんなこと起こるはずがないって、思わないかい?」

その頃の私は、大家族で貧乏だったので、

そんなことが起きたら凄いって思ったし、

そんなことが起こるはずがないと思った。

そして、お坊さんは続けた。

「人間として生まれることは、

50回宝くじが当たり続けることよりすごいことなんだ。」

僕は、貧乏だけど、優しいお母さんと、時には厳しいけど、生きるすべを教えてくれたお父さんがいる。兄弟もいっぱいいて、いつも一緒に過ごした兄は、いつも僕を助けてくれた。

そんな温かい家族がたくさんいる。

ここに生まれたことの奇跡。


母や父、兄弟に出会えた幸せに改めて感謝することができた。


人間として生まれたこの奇跡に、

「感謝の気持ちを持って生きていこう!」

と、希望を持つことができた。

そして、3ヶ月の入院生活が過ぎていった。

体の中の悪いものを全て取り出す。デトックしていく。

様々な薬草の入ったオイルのお風呂に入る。

ハーバルオイルで全身をアビアンガ(アーユルヴェーダのマッサージ)

毎日2回繰り返された。

苦い苦い薬草も飲んだ。

そして、3ヶ月が経ち、退院する日が来た。

退院するとき、まだぎこちない歩き方だった。

でも、アーユルヴェーダドクターが言った。

「もう、ここでできることは、全て終わった。

あと少し、家で休んでいたら良くなるよ。」

言葉通り、日を追うごとにボクはどんどん良くなって、

その頃のことを忘れてしまうくらい元気になった。


そして、歳月が流れ、2011年。

東日本大震災を機に、妻の実家のある北海道へ

移り住むことにした。

移り住んだ時は、「リウマチ」のことなんて、全く頭になかった。


寒い冬、雪の中で雪かきを手伝ったり、

大型トラックで牛のエサを運ぶ仕事をしていた。

突然、ある日、膝がバキバキっていった。

この膝は、日本に来て数年目の頃、若気の至りで、スキーで怪我したことがあった膝だった。

軟骨が粉砕した。

寒さと怪我した頃の負担、そして、疲労からか、粉砕した。

病院へ行くと、70代のおじいさんの膝のような状態。

『変形性膝関節症』ですね。

と言われた。


この時、膝の軟骨がすり減った『変形性膝関節症』だけが原因と思った。

スリランカへ行き、アーユルヴェーダ医師が言った言葉は、

「まず、リウマチを治してから、変形性膝関節症を治します」

でした。

ほぼ忘れていた「リウマチ」

リウマチの因子が私の中にはある。

そして、「リウマチを併発した変形性膝関節症」を治療する入院生活が始まった。

子供の頃と同じように苦い薬草を飲み、

アビアンガを毎日2回してもらい、

トイレに行く以外は立たない生活が始まった。

3ヶ月の入院生活で、歩き回れない中、

「人生で、何度アーユルヴェーダで救われたんだろう?」

と考えさせられた。

「アーユルヴェーダを勉強したい。」

「こんな素晴らしい、アーユルヴェーダだったら、日本で困ってる人の役に立てるんじゃないか?」

と思うようになった。

先生は、「アーユルヴェーダは、健康な人が行うもの。」

「治ったら、勉強したらいい。」

とおっしゃいました。そして、本を与えてくださいました。

足を治して、アーユルヴェーダの技術を学びたい!

そんな目標に向かって、私は治療に取り組みました。

そして、晴れて、完治し、退院することができました。

そして、新たな学びのスタートです。

こうして、さらに、アーユルヴェーダを学び、技術を習得し、アーユルヴェーダホスピタルで実践することで修行し、私はアーユルヴェーダ師としての道を歩み始めることになりました。


天職だと実感できる、アーユルヴェーダの始まりです。

太陽の手

そんな私の手は、とても大きく厚みがありさらに温かい手です。

『働く手だ』とよく言われてきましたが、

子供たちには、私の手を『太陽の手』と言います。

ハーバルオイルを浸透させるのにとてもいい手でした。

これまで、料理人をしている時代が長い私ですが、

この手は、アーユルヴェーダをするための手だ。

私の天職だと実感しています。

たくさんの方の不調の改善や、より健康になる身体作りのお手伝いをしてきましたが、

これからも、ずっとアーユルヴェーダ療法で、みなさんの心と身体の健康のお手伝いをしていきます。

店主ティラックピーリスの紹介

日本在住、35年以上になった愉快なスリランカ人です。

家族は、妻と2男2女の6人家族です。

長男が今年、釧路に帰ってきました!今度、家族写真を撮るのが楽しみです。

アクション映画が大好きで、『ワイルドスピード』やマーベル映画が特に夢中です。

家族みんなで観るのが楽しみの、ひとつです。

(最近、みんなの趣味がトンガって来てみんながコレがいい❣️という映画が少なくなって少し悲しいです😢)

アニメにもハマります😅 次男薦めのアニメにどハマりします。

Icon38

店舗案内

北海道釧路市の駅から北大通をまっすぐ進み花時計を横に坂を上った高台にあります。

窓から外を見るとお天気が良ければ、海も見える席があります。

最近、のぼりをつけたのできっとすぐにわかると思います。

富士見・住吉近辺はいいところです。

子供が少ない地域だけれど、これから段々増えてほしいな。希望を込めて子供たちは釧路に戻っておいで。と耳元でささやいています^^

アーユルヴェーダひだまり&カフェ

北海道釧路市住吉1-11-32

TEL0154-64-9796

地図↓↓↓

シロダーラ ~脳のマッサージ~


シロダーラは脳のマッサージ。額の一番敏感な部分にオイルを垂らし続けて一種の瞑想状態へ。


身体は眠っているのに意識は在る…。

その意識がゆったりとした、何とも言えない心地にさせてくれます。

とても心地よくて、ほとんどの方が眠ってしまう。

緊張や不安の強い方などは、なかなか深い感覚を体験することができないことも。


それでも何回か来られているうちに身体や心がやわらかくなって、深い感覚を体験できるようになります。


心がやわらかくなれば、身体もやわらかくなります

シロダーラは『心の治療法』ともいわれています。


◆内容
・専用の服に着替えていただきます。
・シロダーラ…生ごま油と体調に合った専用オイルを額に流します。
・ヘッドトリートメント…余分なオイルを取り除き、頭皮のオイルトリートメントを行い、マルマ(ツボ押し)を行います。
・リラックスタイム…専用のターバンを巻き、風にあたらないようにします。そして、ハーブティーをお召し上がりいただきます。
 ハーブティーを飲むことによってさらによい流れをつくります。

(1回約90分) 3回コース ¥


シロダーラ体験談

夜は物音がするとすぐに起きてしまい、また寝付くのも大変でした。

でも、シロダーラの3回コースをしたら、すぐに寝付くことができるようになりました。

(30代男性)

自分はいつもイライラしていて、こういう性格なのだと思っていました。

緊張もしやすく環境になれるのにも時間がかかるので、寝ることができないと思っていました。

でも、1回目から眠りにつくことができ、不思議な感覚に。

シロダーラを3回したら、イライラする性格が直りました。

もともとの性格ではなかったんだ。と実感しました。

(30代女性)

希少なニーム​ リラックス&デトックスコース


現代社会の忙しい生活やストレスなどの疲れで溜まった毒素を排泄し、デトックスすることにより

体調を整えていきます。

心も体も解毒され深いリラックス感が与えられます。

心も体も癒される至福の時をご自身へのご褒美にいかがですか?

ニームは、アーユルヴェーダで用いられるあらゆるハーブの中で、特に血液浄化、解毒作用が高いと言われています。

身体の中の老廃物や有害な物質=毒素  を排出デトックスすることによって、新陳代謝が良くなり、 脂肪燃焼効果も上がります。

ニームは、樹皮、種子、実、葉など全てに薬効があるといわれています

希少であり、とても大切にしています。

スリランカでは自分の木でも国の許可なくニームの木を切ることができません。

ちょっとした切り傷や火傷、皮膚のトラブルや内臓疾患などに

幅広く用いられています。


◆内容

・専用の服に着替えていただきます。

・スチームバス…ドーム型のニームの木で作った木製スチームバスに入り全身を温め発汗していきます。

・全身オイルトリートメント…スチームバスで温まり全身の血行がよくなった状態でオイルトリートメントを行います。

 ※こちらのコースはボディーのコースです。

・スチームバス…もう一度スチームバスに入りオイルの浸透を促しながら全身の毛穴から毒素を排出します。

・リラックスタイム…着替えていただき、ハーブティーを飲みながら、休憩していただきます。

ハーブティーを飲むことによってさらによい流れをつくります。

※汗が引くまでお休みしていただきます。 (時間外)

スタンダードコース(約90分)

希少なニームのスチームバスに入り身体を温め、全身のアビアンガ(オイルトリートメント)と数十種類のハーブやスパイスでできたハーブボールでトリートメントをします。不調の緩和や痛みの改善におすすめです。


希少なニームとハーブボールトリートメント

希少ニームのスチームバスで準備

より、オイルが浸透するように体を温め、発汗することにより毛穴が開放されます。

 次のステップのアビアンガおために大切な準備です。

アビアンガでオイルを浸透

 赤外線ライトで保温しながら、ハーバルオイルでアビアンガ(オイルトリートメント)していきます。

 体が十分温められて準備が整っていると、オイルはぐんぐん浸透していきます。※個人差があります。


ハーブボールで不調部位を念入りに

 数十種類のスパイスやハーブに岩塩などで作ったハーブボールを蒸してポンポンします。

 じわっと温かくて、癒されます。

 また、余分な水分を排出してくれる働きがあるので、むくみや水がたまったときに特に活躍してくれます。

 痛みやこりなどの不調部位が特にある時はこちらのコースがおすすめです。

再び薬木ニームのスチームバスへ

再びスチームバスに入り、薬木ニームを通した柔らかい蒸気に蒸されて発汗することでデトックスしていきます。

続けてスチームバスに入ることでお肌のトラブルもなくなっていきます。

ハーブティーでさらにリラックス

 汗がひくまでゆっくりと休んでいただきます。

 ハーブティーを飲んでリラックス感もさらにアップ


希少ニームとハーブボールトリートメント

 スタンダードコース (約100分) ¥26,500

 スウェーダナ追加コース(約120分)¥34,980

 デラックスコース  (約150分) ¥41,600

アーユルヴェーダハーブの紹介

メールマガジンを登録するとあくせ

シャタバリについて